自分に合った占い師を選ぼう

MENU

自分にあった「聞き上手」「癒し系」「当たる」「厳しい系」の占い師を選ぼう

電話占いでは「当たる」占い師に鑑定してもらいたい気持ちがありますよね。ですが、いくら当たる占い師でも「自分と相性が合わない」場合もあります。

 

占い師選びはとても大事なのです。それに、電話ですから相手の顔もしぐさも分かりませんから、声で判断するしかありませんよね。

 

それならば、良い声であったり、丁寧な口調の占い師が良いと思いませんか?話していて安心できる雰囲気の占い師が、あなたと「相性が良い」と言えるでしょう。

 

では、どうやって相性の良い占い師を見つければよいのか。

 

まずは、電話占いをしようと思った時のあなたの気持ちはどんな状態ですか?

 

自分の気持ちを分かってくれる占い師を選ぼう

電話占い師の特徴は、大きく分けて以下の4つに分けられると思います。

 

  • 聞き上手
  • 癒し系
  • 当たる
  • 厳しい毒舌系

 

占い師にも個性がありますから当てはまらない場合もありますが、電話占いで重要視したいのがこの4項目です。

 

電話占いをする時のあなたの心は、喜び?悲しみ?怒り?のどれでしょうか。落ち込んでいる時のあなたは、優しい問いかけと厳しい問いかけならどちらに癒されますか?

 

そうです。あなたの気持ちに寄り添ってくれるためにも、占い師の雰囲気をチェックしておくことはとても大切です。

 

占い師の鑑定スタイルを知るには口コミが一番役に立つ!

占い師の鑑定スタイルを知るには、プロフィール欄やサイトに掲載されている「口コミ」が役立ちます。人気の占い師であれば、ネット検索でも見つかるかもしれませんね。

 

例えば、的中率よりも聞き上手で優しい占い師には遠慮なく愚痴をこぼせるでしょう。そうすることで気持ちが落ち着けば、電話占いも利用する価値があります。

 

例えば、誰もはっきりしたことを言ってくれなくてもやもやしているのであれば、厳しい系の占い師でも良いでしょう。毒舌にも笑ったり納得できたりするかもしれません。

 

お姉さんのような雰囲気の占い師。お母さんのような雰囲気の占い師。異性の友人のような雰囲気の占い師にも巡り合えます。

 

あなたは、誰と話したいですか?

話したいと思える相手が、信頼できる相手に繋がるのです。

 

「聞き上手系」占い師は、うまく話せない人にぴったり!

電話は緊張する時もありますよね。相手の顔が見えないので、空気を読むとか気持ちを読むなどがなかなかできません。

 

それに、メールが一般的な通信手段になった現代では電話自体が苦手という人もいます。ダイヤルをするだけで怖くなることだってあり得ます。

 

普段使っていない上に、見知らぬ相手にかけるのですから緊張しますよね。何を言われるんだろう?という不安が大きくなると思います。

 

そんな時に「聞き上手の占い師」だと、例えあなたがうまく話せなくても、要点をまとめてくれたり、伝えられるのを待ってくれたりしてくれます。急かすようなこともないでしょう。

 

電話占いが初めてだと、何を話したら良いのか分からないという人も多いでしょう。そんな時は、聞き上手な占い師を選ぶことをおススメします。

 

 

「癒し系」占い師は、疲れている時に最高!

電話占いを利用する時に「癒されたい…優しくされたい」と思う人もいるでしょう。悲しかったり辛かったり、気持ちが沈んでしまった時には誰かに優しくされたいものです。

 

そんな気持ちの時は、遠隔ヒーリングを扱ったり、声が落ち着いた雰囲気の「癒し系占い師」を選びましょう。愚痴を聞いてくれたり、体調を良くしてくれたりする術を持っています。

 

当たる占いという相談はひとまず置いて、何も相談はないけれどモヤモヤを解消したい時にも、癒し系占い師は手伝ってくれます。

 

全力であなたを癒してくれますよ。

 

「当たる」占い師は前向きな力が欲しい時に最高!

占いをするなら当ててほしいものですよね。この「当ててほしい」気持ちは、自分の中でもう悩みの答えがある程度出ている時なんですよね。

 

あともう一歩、きっかけがほしい。自分の心は決まっているけど、確証が欲しい。誰かにGOサインを出してもらいたい。当てる確率が高い占い師は、あなたの気持ちをしっかりと読み解いてくれますから、欲しい言葉を伝えてくれます。当たるからこそ、あなたに必要な言葉が導き出せるのです。

 

もうちょっと。そんな時には、自信につながる言葉を「当たる占い師」からもらいましょう。

 

 

「厳しい毒舌系」占い師は、ひと味違った占いを試したい時におススメ!

毒舌キャラで人気の芸能人などをテレビで見るとすかっと気持ちが晴れますよね。言い辛いこともさっと伝えてくれる、飾り気も媚もない態度は、時として有効です。

 

優柔不断の自分を自覚していたら、喝を入れてもらうのも良いですね。ただし、毒舌で厳しい系の占い師は悪気はなくても、自然特徴が荒くなるのも特徴です。なかなか受け入れがたい個性ですよね。
ですから、

 

あなたの気持ちに余裕がある時、厳しい言葉も聞いてみたいぞと思う時だけにすることをおススメします。

 

通常は「当たる」占い師か「癒し系」占い師を選んでほしいものです。さっぱり言われる時には、言葉数も少なくなりがちです。

 

少ない情報量では満足できない方も、厳しい占い師は避けておきましょう。占い師とけんか腰にならないためにも、気持ちに余裕がある時だけにするのがベストです。

 

とはいえ、厳しいことを言ってくれるのも、相談者であるあなたのことを思ってのこと。厳しさは優しさの裏返しでもあると感じてくださいね。

 

今日のあなたはどんな気持ちですか?

 

あなたの合った「聞き上手」「癒し系」「当たる」「厳しい系」の占い師を選んでください。