1. 当たる電話占いラボ|当たる電話占いランキング【2018年】
  2. 復縁
  3. 計画的に復縁を叶えるための「冷却期間」についてまとめ

計画的に復縁を叶えるための「冷却期間」についてまとめ

復縁   2,341 Views

復縁に冷却期間が必要な理由は?

「復縁したい」と思ったときに、「別れてすぐ」よりも、ある程度の「冷却期間」を置いたほうが復縁を叶えるのに効果的であることは、ご存知でしょうか。

別れてすぐに復縁を迫ったとしても、お互いにまだ冷静になれていないために、なかなかうまくいかないことが多く、仮に復縁できたとしてもまた同じこと(別れ)を繰り返す可能性が高くなります。いったん、「頭を冷やす」必要があるということです。
その冷却期間中に一度感情をリセットすることで、ふたたび相手との恋愛のスタートラインに立つイメージです。特にフラれた場合の冷却期間は必須だと言えでしょう。相手の「別れたい」という気持ちをいったん完結させる必要があるからです。冷却期間を置かずに相手の「別れたい」気持ちを引きずったままではどうアプローチをしても効果を得にくいでしょう。

ちなみに「冷却期間」とは、相手との関係を一切断つ期間のことです。言い換えると、「距離を置く」ことになります。直接会うことはもちろん、電話やメール・LINEでの連絡も控えて完全に相手との接触を断つことが基本となります。

冷却期間中の相手の心理

冷却期間中の、復縁を願う相手の心理とはどのようなものなのでしょうか。それは別れの原因によってもさまざまだと言えますので、考えられるいくつかの心理パターンを項目にして男女別にご紹介し、男女よってどのような心理の差があるのかを解説していきます。

男性心理

  1. 寂しくなる
  2. 相手の大切さに気付く
  3. 別れたことを後悔する
  4. すっきりする

女性心理

  1. もう会いたくないと思う
  2. 気持ちを切り替えて次の恋へ行く
  3. 恋愛以外のことに励んできれいさっぱり忘れる
  4. 忘れられなくて悩む

女性よりも男性のほうが復縁しやすい傾向にある

男性の場合、未練が発生するケースの心理としては、「別れたもののやっぱりなんだか寂しい」といった感情や、「相手の大切さに別れてから気付く」といった「後悔」に近い感情を抱く傾向にあります。また、未練が発生しないケースとしては、「解放されてすっきりした!」というような爽快な気分になることもあります。

女性の場合、未練が発生しないケースでは「もう顔も見たくない、二度と会いたくない」「さっさと忘れて次に行こう!」など、意外にも男性よりも感情の切り替えが早くて潔い傾向にあることがわかります。未練が発生するケースとしては、いつまでも彼のことが忘れられずに、恋の病を抱えたメンヘラ状態に陥ることもあります。

男女ともに、相手に「未練がないケース」の場合は冷却期間が必須でしょう。
また、男性と女性の大きな差としては、男性は別れたあとでも、元カノのことを「かつては自分のものだった」として自分の歴史に刻みます。しかし、女性にとっての元カレはただの「過去」でしかなく、次に恋愛をするときれいさっぱり忘れます。意外にも女性のほうが気持ちの切り替えが早く、男性のほうがいつまでも未練を残している傾向にあるでしょう。

そして男性の経験した恋愛は、ひとつも消えることなくいつまでも残っているのに対し、女性の恋愛はその都度上書きされていくイメージです。一度上書きされてしまうと、元に戻すのは少し難しいです。そのことから、「女性よりも男性のほうが復縁しやすい傾向にある」と言えるでしょう。

冷却期間の長さはどのくらい必要?

それでは、復縁を叶えるために効果的な「冷却期間」は、実際にどのくらいの期間が必要なのでしょうか。期間別に分けてご紹介していきます。

一ヶ月の場合

冷却期間が一ヶ月程度でも効果的なのは、自分から振った場合や、明らかに相手のほうに未練がありそうな場合です。相手に自分のことが好きな気持ちがまだある状態であることが予想され、一ヶ月会えない間にその気持ちに拍車がかかっている可能性も考えられます。
これ以上冷却期間を長引かせてしまうと、未練にケリをつけようと次の相手を探したり諦める気持ちのほうが大きくなり、まだ好きな気持ちが薄れてしまったりするおそれもありますので、一ヶ月程度が妥当だと言えます。

三ヶ月の場合

復縁を叶えるために最も良いさじ加減の冷却期間は、この「三ヶ月」だと言えるでしょう。自分がフラれた場合など、相手よりも自分の未練のほうが大きい場合におすすめの冷却期間です。
その理由としては、一カ月程度ではまだ気持ちの切り替えがお互いにできずにいることが多いためであり、また期間が長すぎても、相手の気持ちにきっぱりとしたけじめがついて次の恋人ができてしまうなどして、元サヤに戻り辛くなることが考えられるからです。
「冷却期間を置く理由」として冒頭でもご紹介したとおり、相手から「別れたい」と切り出された場合に、その「別れたい」気持ちを三ヶ月程度の冷却期間できっちりと完結させて関係をリセットする必要があります。
相手の「別れたい」気持ちが続いている短い期間で焦って復縁に向けて動き出してしまうと、あまり効果がないどころか、「未練たらしい」「しつこい」と思われて関係を悪化させてしまうおそれもあるので気を付けましょう。

半年以上の場合

冷却期間を長めに、半年以上置く場合は、別れた原因が複雑なものであるケースに有効でしょう。ただ単純に、どちらかの気持ちが冷めたなどの理由ではなく、例えば「遠距離になる」や「親の反対」など別れざるを得なかった不可抗力な理由があった場合などです。
お互いの気持ちだけではどうにもならない理由があったときなどは、半年以上の長めに冷却期間を設定しておくと良いでしょう。半年もあれば「環境の変化」も起こり得ますので、その冷却期間の間に自分でその難しい環境にどう立ち向かっていくかじっくりとよく考えることが、再び二人の関係をスタートさせるには効果的です。

復縁を叶えるために冷却期間にやるべきこと

では、その「復縁のための冷却期間」のあいだに、「いったい自分は何をすれば良いのか?」と思うでしょう。その答えはほぼひとつです。ひたすら「自分を磨く」ことに集中してください。

そもそもなぜ復縁を叶えるために冷却期間を置く必要があるのか、それはお互いの感情をリセットしてふたたび恋愛のスタートラインに立つ、という理由がありますが、自分が何も変わらないままでは、「やっぱりこの人は何も変わっていない」と相手を失望させる原因にもなり、復縁はうまくいかないでしょう。
すべての物事において、「やし直し」をするときには、「以前よりも成長していること」が必須であり、そうでないと同じ失敗を繰り返すだけです。過去の失敗を貴重な経験として活かさなければやり直す意味がありません。
別れることになった原因を深く探り、自分の何がいけなかったのかを冷静な思考で客観的に見つめ、じっくりと内省しながら、相手に「また好きになってもらえるように」、人としての魅力を高める努力をしてください。

魅力アップのために見た目を磨くことも良いですが、それよりも内面を磨くことが重要です。人の魅力は内面から溢れ出るものであり、それは外見の美しさにも少なからず影響するものです。
努力の末に、ひとまわり成長した姿を相手に見てもらい、惚れ直してもらえるように自分磨きに励みましょう。

冷却期間後の連絡方法

だいたい自分に必要な冷却期間を設定し、その間にやるべきことをやったら、次は相手への連絡方法です。しばらく距離を置いていたあと、どのように連絡をして切り出せば良いのか、少々気まずい気持ちもあるために、これは多くの人が悩むところでもあります。

電話やメール・LINE、その連絡手段はやりやすい方法で何でも良いですので、「久しぶり!元気にしてた?」など、まずは挨拶程度に軽く相手の状況を窺う内容で連絡することがおすすめです。これは冷却期間を置くことによって言える、わざとらしくない状況確認でしょう。相手に気を遣わせたり不快な思いをさせたりすることが少ないので効果的です。

いきなり、「ずっとあなたのことが気になってて」「どうしても忘れられなくて」など、自分の感情を軸にした内容や、あまり堅苦しく重い雰囲気を出してしまうと、相手を困惑させたり警戒されたりするおそれがあります。「気軽に」「ふと思い出したように」、優しく相手を気にかける感じで大丈夫でしょう。相手の反応を見ながら、ゆっくりじっくりとコミュニケーションをとっていきましょう。

冷却期間中にやりがちなNG行動

冷却期間中は、直接会うことはもちろん電話やメール・LINEも控えることが基本となりますが、うっかりやってしまいがちなのがこの「SNSでの接触」です。
普段から日常的に友人知人などのSNSをチェックしている人は、別れた後も元恋人のSNSを目にする機会があるでしょう。そこでつい気になるあまりにコメントや「いいね」をつけてしまうことがあります。「冷却期間は相手との接触を一切断つ」ことが必要となりますので、コメントはもちろん「いいね」をつけるのも控えましょう。できれば、自分が冷静になるためにも相手のSNSを見ないようにするのが一番良いです。
相手からしても、「気にしている」ことがバレてしまいますので「まだ自分に未練があるのかな」と思われる原因にもなり、冷却期間の意味がありませんので気を付けましょう。

まとめ

復縁を叶えるために冷却期間を置くことは、「関係を一からやり直す」ためにも、いったん「感情をリセット」することに効果的であることがわかりました。
また、別れるときに自分から振った場合の冷却期間は短めに、フラれた場合は三ヶ月程度が妥当な期間ですが、そもそも「復縁を願っている・叶えたい人」は、フラれた側である場合が多い傾向にありますので、「冷却期間は三ヶ月」が基本となると考えていて良いでしょう。冷却期間にすべきことである「自分磨き」のためにも最適な期間だと言えます。
復縁の冷却期間について悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

当たる電話占いラボ|当たる電話占いランキング【2018年】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

当たる電話占いラボ|当たる電話占いランキング【2018年】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ピュアリで復縁相談をした口コミ

  • Feel(フィール)で復縁相談をした口コミ

  • 当たる復縁占い無料サイト22選まとめ

  • 復縁には「にんじん」を使ったおまじないが効く♪

  • 復縁を叶えるためのメール・LINE術まとめ

  • 復縁を成功させる「きっかけ」作りまとめ