1. 当たる電話占いラボ|当たる電話占いランキング【2018年】
  2. 復縁
  3. 復縁を叶えた体験談まとめ

復縁を叶えた体験談まとめ

 2018/04/30 復縁   1,581 Views

「復縁したい」と思ったときに、その夢を叶える成功イメージが具体的にできるでしょうか。復縁を経験したことのないほとんどの人は、なかなかイメージを膨らませることができないでしょう。

そこで「復縁の体験談」を参考にするのがおすすめです。復縁の体験談を読むことで、リアルな復縁のイメージを膨らませることができます。

そして体験談の主人公に自分を重ねてみることでより鮮明なイメージが描けますので、自分と似たシチュエーションの体験談をできるだけ多く読んでみると良いでしょう。

遠距離での復縁体験談

会えないのが辛くて別れを選択した女性の場合
付き合って半年で彼の転勤で遠距離恋愛になってしまい、会えるのは多くて月に一度、勤務時間の違いでメールや電話の連絡もすれ違いが多く、会えない辛さから彼氏を自分から振ってしまった女性(Aさん)の体験談です。
復縁までの冷却期間は二ヶ月ほど。遠距離恋愛は辛いけれど、やはり彼への気持ちが本気のものであることに気付いたAさんは、電話で彼に「また遠距離恋愛を頑張りたい」と思いを伝えます。彼のほうもAさんへの気持ちは変わっておらず、「寂しい思いをさせてすまなかった」と伝えます。また、付き合いはじめた当初から、彼はAさんとの結婚を考えていたことも伝えます。また二人で遠距離恋愛を頑張ろう、ということで復縁となりました。一度は遠距離恋愛が辛くて別れを選択しましたが、お互いの心が離れたことは一度もない、と確信したそうです。本気で心から愛し合う二人であれば、遠距離でさえもその心を引き裂くことはできない、とAさんはそう強く思いました。

二ヶ月の冷却期間は、復縁にはとても効果的である長さでしょう。「会えなくて辛い」などといったネガティブな感情も含め、いったん冷静になることができる最適な期間です。これ以上長いと、いくら心は繋がっていようとも、環境は変化していってしまいますので、彼の心が他の誰かに流れてしまう可能性も出てくる恐れがあったでしょう。
遠距離はどちらかの気持ちが冷めたのではなく、「会えない辛さ」から別れを選択してしまいがちです。ただ寂しさを埋めるためだけに、自分が会いたいときに会える恋人が必要ならば、遠距離で別れを選ぶのは正解だとも言えます。ですが、遠距離になろうとも、本気で相手のことを好きな心があるのならば、「会えない辛さ」で別れを選ぶのは間違いであり、きっとこの彼女のように、あとで後悔することになるでしょう。
今回は適度な冷却期間を経て復縁がうまくいきましたが、お互いの気持ちは離れていないのにも関わらず「遠距離」なことだけが辛い理由で自分から別れを切り出した場合は、冷却期間はそもそもあまり必要ないとも言えるでしょう。自分が冷静になって「やっぱり好き」と気付くこともできますが、冷却期間が長くなればなるほどに、相手の状況もどんどん変わっていきます。取り返しのつかないことになって更なる後悔をしないためにも、もし別れを選択してしまったのなら、できるだけ早めに復縁に向けて動くことです。

「他好き」で別れてからの復縁体験談

「結婚観」の違いが別れの原因だった女性の場合
「他好き」とは、どちらかに「他に好きな人」ができてしまった状況です。ここでは、彼に他に好きな人ができてしまい、別れてしまった女性(Bさん)の復縁体験談をご紹介します。
別れた後、彼には新しい彼女がいましたが、元恋人であるBさんとは普通に会ってデートをしていました。この状況に、Bさんは「もしかしたら復縁できるチャンスがあるのでは」と期待をしていました。しかし、何度彼と会っても、新しい彼女と別れる気配はなく、Bさんとも何の進展もありませんでした。
別れたあとも普通に会ってくれる彼に対し、「自分のことを嫌いになったわけではない」と感じていたので、思い切って彼に「こうやって今も会ってくれているのに、どうして別れたのか」と、振られた理由を率直に聞いてみました。すると、「結婚観が合わない」との返答が。詳しく話を聞くと、Bさんは結婚したら専業主婦になりたいのに対し、彼のほうは共働きを希望していました。そして新しい彼女は、バリバリと働くタイプの女性とのことでした。
そこでBさんは、彼の結婚観を深く理解して受け入れ、自分の結婚観も見直して彼に近付けることに努めました。そして自分の結婚観も含め真剣な気持ちを丁寧に彼に伝えると、「そんな風に考えてくれていたなんて。気付かなくてごめん。」と納得してくれ、新しい彼女とは別れてBさんと復縁することになりました。

「他好き」で別れた場合、必ずしも「嫌いになって別れた」のではないことがよくわかる体験談でした。決して嫌いになったわけではないけれど、「結婚観」などの価値観のズレを感じて、今の恋人よりも価値観の合う人を選んでしまった、というケースでしょう。
このケースで復縁を成功させる秘訣としては、Bさんのように相手の価値観を理解して受け入れたうえで、自分の価値観を見直して相手に歩み寄ることで、うまくいく可能性が高いでしょう。
もしも気持ちが冷めて心が離れたことが原因での別れなら復縁はかなり難しいと言えますが、「価値観の違い」から別れを選択した場合はまだ復縁のチャンスは多くあると言って良いでしょう。「価値観の違い」がネガティブな結果を生み出す理由としては、「相手の価値観を受け入れずに、自分の価値観を押し付けがち」になるからです。「理解して受け入れて歩み寄る」ことが大切でしょう。それを実践したBさんの真摯な気持ちが彼に伝わり、見事復縁を叶えることができています。

30代の復縁体験談

30歳Cさんの場合
付き合っていた彼氏が、会社を退職して再就職のために試験勉強を始めるのを機に、お互いの関係も見直そうと別れることになったCさん。そして一年後、見事試験に合格して再就職を果たした彼から「またやり直したい」との連絡があり、復縁をすることになりました。一年間離れている間、Cさんは彼の存在の大切さに気付き、復縁した後に結婚したとのことです。

31歳Dさんの場合
お互いに仕事が忙しくてすれ違いが多く、それが原因で別れてしまったDさん。しかし半年後、彼から「転職をした」との連絡が入ります。ちょうどその頃Dさんも会社の部署異動があったタイミングでした。そこでお互いの近況報告を兼ねて彼と会うことになります。環境の変化による影響なのか、久しぶりに会って改めて相手の良さに気付き、復縁することになりました。その一年後、Dさんは彼と結婚しました。

仕事の責任が大きくなってきて、人生の大きな決断もすることの多い働き盛りの30代の恋愛は、「仕事」が原因で別れてしまうケースが多い傾向にあるのがわかります。しかし、CさんもDさんも、相手や自分の「環境が変わった」ことによって、再び関係をやり直そうと復縁するケースでした。
また、どちらも別れた理由はあくまで「仕事」が原因であり、単に「気持ちが冷めた」わけではないことがわかります。転勤や転職、また仕事の忙しさなどからすれ違ってしまうこと
の多い30代ですが、いざ別れて離れてみると改めて「相手の大切に気付く」こともよくあることです。二人の体験談は、「環境の変化」を味方につけて復縁できた良い例でしょう。

社内恋愛での復縁体験談

彼の上司であるがゆえに彼のプライドを傷つけてしまった女性の場合
彼の上司だったEさんは、職場では立場上彼の上に立たなければいけないことが多く、それが彼のプライドを傷つけてしまい、別れに至ってしまいました。
彼のプライドを傷つけてしまったことに悩んだEさんは、どうにかして彼に自信をつけてもらいたい一心で、上司としての彼への接し方に工夫をします。直接、優しく励ましたり話しかけたりしても、最初はあまり良い反応ではなかったと言います。そこで「みんなの前で」彼を褒めたり、上手に立てたりするなど、彼のプライドに真摯に向き合い、根気強くそれを繰り返し続けました。するとだんだんと彼は自信を取り戻していき、そしてEさんへの信頼も取り戻すことができた結果、復縁することになったとのことです。

社内恋愛では、お互いの職場での「立場」がネックとなって別れてしまうケースが多い傾向にあるでしょう。特に女性の方が「上」だった場合には、この体験談のように男性のプライドが傷ついてしまうことはよくあることだと言えます。
Eさんは職場での接し方を変え、真摯に彼のプライドと向き合った結果、復縁を成し遂げることができました。「ここは職場だから」「仕事だから」と、割り切り過ぎてしまうのも実はあまりよくありません。知らず知らずのうちに相手を傷付けていることもあります。職場での関係は、二人の恋愛関係にも少なからず影響を及ぼすことを、社内恋愛をしている人はよく肝に命じておくと良いでしょう。

潜在意識を活用した復縁体験談

ネガティブな性格が原因で振られてしまった男性の場合
30代男性のFさんは、自身のネガティブな性格が原因で彼女に振られてしまいました。そこでFさんは彼女にまた振り向いてもらいたい一心で、ネガティブな思考をやめる決意をしました。
復縁は「無理だろう」「できない」などとマイナスに考えることは絶対に避け、「絶対復縁できる」と確信を持って前向きに、プラスに考える癖を持つようにしました。そして普段の生活においてもネガティブ思考をやめ、無理やりにでもなんでもポジティブに考えるようにしたと言います。すると仕事のやり方や休日の過ごし方において、ネガティブ思考だった今までよりとは違う、良い変化が見られました。
そんな180度変わったFさんの様子に彼女は関心を示し、数ヶ月後、見事復縁することができたとのことです。

ネガティブな性格は、誰にとっても良い影響にはならず、相手も同じネガティブ思考でない限りは離れていってしまうのが常です。「ネガティブ思考からポジティブ思考へ」と潜在意識に働きかけて自分を良い方向に変えた結果、彼女がFさんの元に戻ってきたということでしょう。
潜在意識に働きかけることも立派な「自分磨き」のひとつです。人間としての魅力もアップするので、仕事など恋愛以外のことも充実してうまくいくようになるのが特徴です。「自分の悪い性格が原因で振られてしまった」という人は、「内面の自分磨き」が必須だと言えますので、ぜひ参考にしてみると良いでしょう。

まとめ

自分や相手の状況に近い体験談を読めば読むほどに、鮮明な「復縁成功のイメージ」が描けます。小説や映画などを読んだり観たりするのも、復縁を願う自分に陶酔すると同時に想像力を膨らませることができますが、そのほとんどはフィクションであり所詮「作り話」でしかありません。

ノンフィクションである復縁の体験談」のほうがよりリアルなイメージを描けるでしょう。「自分も復縁の奇跡を起こすことができるのでは」という希望も湧いてきます。ぜひ、参考にしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

当たる電話占いラボ|当たる電話占いランキング【2018年】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

当たる電話占いラボ|当たる電話占いランキング【2018年】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 復縁を諦めるきっかけと方法まとめ

  • 復縁できるか当てる電話占いはどこ?

  • 当たる復縁占い無料サイト22選まとめ

  • 復縁相談を無料でできる占いはある?

  • 「復縁してから結婚」はうまくいく?復縁結婚の確率と方法まとめ

  • 計画的に復縁を叶えるための「冷却期間」についてまとめ