霊感霊視は本当に当たるのか?

霊感・霊視とは本当に当たるの? どんな能力なの?

電話占いの占い師の占術に「霊感・霊視」をよく見かけるようになりました。霊感・霊視を明記していない占い師の方が少なくなったという印象さえあります。

 

では、霊感・霊視とは何でも見通せる万能の能力なのでしょうか?

本当に当たるのでしょうか?

 

当サイトでランキングで紹介している「霊場天扉」は「本当の霊能者のみの電話占い」として人気のサイトです。

 

霊場天扉では、本物の霊能者の「明確な定義」を記しています。引用させていただきますね。

『本物の霊能者とは通常の統計学の占術によって吉凶を占ういわえる普通の占い師とは異なり、特別な霊能力を用い相談者の悩みや不安を解消しながら、希望される願いや思いを現実へと変えるお手伝いが出来る人物を「本物の霊能者」と呼ばせて頂いております。』
※一部誤字と思われる部分もありますが、原文を掲載しています。

 

 

特別な霊能力…それは目に見えません。タロットカードのようにカードを展開したり、四柱推命のように生年月日から特定の項目に当てはめたりもしません。目に見えないものを、どのように捉えたらよいでしょうか?

 

管理人じゅん:「凛音先生~。霊感占いが本当に当たるかどうかって難しい問題だと思います~」

 

凛音:「当たれば本物、当たらなければ偽者と一概にも言えないわね」

 

管理人じゅん:「でも、占い師さんのプロフィールを見ると、幼い頃から不思議な力がありましたとか、巫女の家系ですとか、霊能者の一族ですとかたくさん書いてありますよ。世の中こんなに霊能者が溢れているの?!って思っちゃいます」

 

凛音:「私は考えるのだけど、電話占い…利用している相談者の悩みが解決の方向へ向かえばそれで良いと思うのね。茶飲み友達との会話で悩みが解消されれば電話占いをする必要もないわけだし」

 

管理人じゅん:「ぶっちゃけますね、先生…。そういう先生はどうなんですか? 霊感・霊視はあるんですか?」

 

凛音:「私は感応力と指摘されたことがあるのでそう呼んでいるけれど、聞いたことのない人の声色で言葉が聞こえたりすることは相談中にあるわ。でも、それを周囲に聞かせることはできないから、証明はできない。私自身も、この声は何だろうって思うことがあるのよ」

 

管理人じゅん:「ひえ~~!!すごいじゃないですか!!」

 

凛音:「だけど、空耳ですよって言われたらそれまででしょ? 私の『気のせい』かもしれないのよ。そうした自分への自信を持つためにも、他の占術を学んでプロの占い師としての姿勢を確立したの。結局、人は自分の目で見たものを信じるの。自分の感覚が一番信じられるのよ」

 

管理人じゅん:「ん~~難しいです」

 

凛音:「気になるのであれば、それを占い師(霊能者)に聞いてもいいのよ。それをあなたが信じることができれば、きっと良い方向へ向かっていくでしょう」

 

管理人じゅん:「霊感に関しては興味があるので、凛音先生、もっと聞かせてください!」

 

凛音:「(長くなりそうね…)」

 

※凛音先生が言う感応力とは?
1 仏語。人に対する仏の働きかけと、それを受け止める人の心。また、信心が神仏に通じること。
2 外界からの刺激によって心が深く感じ動くこと。「真の芸術に接して感応した人々」
(デジタル大辞泉より:https://kotobank.jp/word/%E6%84%9F%E5%BF%9C-469223)

 

⇒凛音先生は超心理学の研究者でもありました。その際、上司の研究者に命名されたそうです(笑)

 

目に見えないもの・ちからを実感するのはやはり自分自身でしかありません。どんな占術であれ、自分の未来を輝かすために利用することを忘れずにいましょう。

 

なお、霊場天扉が気になった! 本物の霊能者に占ってもらいたい!という方はこちら。

 

★⇒霊場天扉のサイトはこちら