1. 当たる電話占いラボ
  2. 不倫
  3. 略奪婚は幸せになれる?後悔しない?略奪婚の末路と幸せになる方法まとめ

略奪婚は幸せになれる?後悔しない?略奪婚の末路と幸せになる方法まとめ

不倫   118 Views

既婚男性と不倫をしている女性なら、一度は「略奪婚」を考えたことがあるのではないでしょうか。むしろ、そう心から願ってやまないのかもしれません。

しかし、「略奪」とあるその言葉通りに、あまり良いイメージではないことから、「不倫の末の略奪婚は果たして幸せになれるのか?」「後悔したり悲惨な末路を辿ることになるのでは?」など、略奪婚を望みながらもその裏で罪の意識や不安などを抱えて悩んでいる人も多いでしょう。

また、「略奪婚」を成功させて幸せになるには、そう簡単なことではありません。どうすれば略奪婚を成功させることができるのか、ここでは略奪婚で不幸な末路になってしまうケースとともに、成功させる方法や略奪婚の末に幸せになった人の特徴についても解説していきます。

▼当サイトからの申し込みの多い電話占い
ピュアリ①ピュアリ
不倫/復縁といった複雑な恋愛問題に強い占い師が多い
フィール②Feel
比較的若い占い師が多く若者の口コミが多い
③ウィル
片想いから複雑な恋愛まで、恋愛の悩みに強く的確な占い師が勢ぞろい
※4位以下は「電話占いランキング」の記事をご覧ください。

不倫からの略奪婚は幸せか

後悔する

略奪婚の末、彼と一緒になることを自分が望んでいたにも関わらず、結局は幸せを感じられずに「後悔をしてしまう」ケースも多くあります。

「禁断の恋」である不倫の頃の関係とはうって変わり、実際の結婚生活にギャップを感じることもあるでしょう。彼が魅力的に見えていたのは既婚者だったから、ということに後になって気付くことも。

結婚直後は気持ちが舞い上がっていたものの、いざ結婚生活を始めて正妻の立場になると、不倫をしていた頃の罪悪感が日に日に増して膨れ上がり、激しい自己嫌悪に陥ってしまう可能性もあります。

不安が残る

不倫の末の略奪婚は、さまざまな困難を乗り越え固い絆で結ばれて、それに酔いしれるように正式な夫婦になっても、恋人同士の頃のように甘くロマンチックな時間を過ごすこともできるでしょう。

しかし、それは最初だけで一時的なものになる恐れがあります。そもそも不倫の末に奥さんを裏切って自分と結婚をした彼が、今後もまた同じことを繰り返すのでは、と不安になることがあるでしょう。

その不安はとてもリアルに、鮮明に思い描けるはずです。なぜなら自分が彼と不倫をしてきて、奥さんを裏切っている彼をずっと傍で見てきたからです「浮気されるかもしれない」「いつか裏切られるかも」といった一抹の不安が、一生つきまとってくるものかもしれません。

祝福されない

普通は結婚すれば、その夫婦は誰からも祝福されるのが一般的だと思うでしょう。しかし、不倫の末の略奪婚の場合は、祝福されないこともあります。

もし略奪婚をしたら、素直な気持ちで祝福してくれる人が、自分の周りにどれだけいるか想像できるでしょうか。最悪の場合は親から縁を切られたり、親戚や友人、職場の人から白い目で見られることもあるかもしれません。

相手の親からも認められず、良好な関係を築くことができないことも十分に考えられます。祝福されるどころか、憎まれてしまうこともあるかもしれません。

自分が初婚だった場合でも、周囲の目を気にして結婚式を挙げることができないこともあるでしょう。周りから祝福されなくともどうしてもウエディングドレスが着たいために、二人だけでひっそりと海外などで挙式するケースもあります。

誰からも祝福されない結婚を決意するのは、相当な覚悟と折れない心、固い信念が必要となるでしょう。

彼の子供への罪悪感

略奪婚をした相手に子供がいた場合、その子供への罪悪感に苛まれることがあります。不倫中も略奪婚をした後も、ずっとそれは続いてむしろどんどんと膨れ上がっていくこともあるでしょう。

子供は奥さんとは違い、血の繋がった肉親です。奥さんから彼を奪うことよりも、子供からするとたった一人の実の父親である人を奪ったという事実の方が、大きな罪悪感を抱えてしまうことになる傾向にあります。

親の手が離れた成人済みの子供であれば良いのですが、父親を必要とするまだまだ小さな子供だった場合、幼ければ幼いほどに、罪悪感は大きなものとなるでしょう。

もし離婚が原因で子供が非行に走るようになったり、心に深い傷を抱えて社会に適応できない大人に育ってしまったら、子供から父親を奪った自分を責めてしまうことにもなりかねません。

一生、その子供に対しての後ろめたい気持ちがつきまとうことを覚悟しておいた方が良いかもしれません。

略奪婚の不幸な末路

多額の慰謝料を払う

略奪婚の末路といえば、不幸なケースで想像できるのが、相手の家族へ支払う「慰謝料」ではないでしょうか。その他、相手に子供がいれば養育費の支払いも必要となり、継続的かつ状況によっては多額な支払いを背負うことにもなるでしょう。

慰謝料や養育費をどれだけ支払っても痛くないほどに経済的な余裕があれば良いのですが、そうでない場合、二人に大きい負担がのしかかります。

支払い義務に押しつぶされて、自分たちの生活の豊かさを奪われることもあり得ます。厳しい現実を目の当たりにして、「ただ好きな人と結婚して幸せになる」と描いた夢は、簡単に崩れ去ってしまうでしょう。

気持ちが冷める

結婚してから相手への気持ちが冷めてしまうことは、どのようなかたちの結婚においても、あり得ることです。ただ、普通に独身同士で結婚するよりも、略奪婚の方が結婚後に気持ちが冷めてしまうことはよくある傾向です。

簡単には手に入れることのできない既婚男性と不倫をしているときに熱く燃え上がっていた気持ちが、略奪を経て自分の手中に収まってしまったとたんに、我に返って気持ちが冷めてしまうことも。

不倫の末に略奪婚をしてまで手に入れたものが、相手への気持ちが冷めることによって不幸なものになったとすれば、その虚しさは計り知れません。「これまで自分がしてきたことはいったいなんだったんだろう」と激しい自己嫌悪に苛まれてしまうこともあるでしょう。

普通に恋愛をして結婚をしていれば、誰からも祝福されて羨まれるような、真っ当で幸せな人生を歩めたかもしれない、と後悔することも考えられます。最悪の場合は、略奪婚が自分の人生の汚点だと感じてしまうこともあるかもしれません。

彼に浮気をされる

そもそも、家庭を裏切って自分と不倫をしていた男性と結婚したことに何の不安も抱くことなく、その彼とずっと平和で幸せな結婚生活が送れるのでしょうか。

略奪婚をした多くの女性は、「今度は自分が裏切られるのでは」といったような不安を少なからず抱くことがあるでしょう。略奪婚をしてから時間が経てば経つほど、冷静になってじっくりと相手の人間性を見ることができ、現実を目の当たりにして不安は大きくなっていく傾向にあります。1mmの不安もなく完全に相手を信用することは難しいでしょう。

その不安が見事的中して彼に浮気をされたとすれば、そのとき初めて今まで自分がしてきたことに気付き、罪悪感と後悔を抱きながら深い悲しみに暮れてしまうかもしれません。因果応報という言葉通り、昔彼の奥さんを傷つけたように、今度は自分が傷つけられる番だと思ってしまうでしょう。

略奪婚を成功させる方法

とりあえず子供を作るのは危険

既婚男性と不倫中に、とにかく一刻も早く奥さんから略奪したいがために、既成事実を作って無理矢理にでも彼に自分との結婚を決断させようとするケースもあります。それが、彼の同意なしに「子供を作ってしまう」ことです。

これは周りが一切見えていない状況で最も危険です。自分も彼も冷静に考える思考を奪うことになり、正しい判断ができなくなるので全くもって逆効果でしょう。何より、授かった命を絶つことにもなりかねません。彼の口から「おろしてほしい」と言われたとしたら、そのときの精神的苦痛は計り知れないでしょう。

また、最悪のケースでは妊娠を告げた途端に逃げられることもあります。非常に無責任な人だった場合は、突然連絡が取れなくなってしまうことも。結果的に略奪婚どころか、授かった子供を認知してもらえずに一人で出産し、養育費も受け取れず大変な人生を歩むことになるかもしれません。

彼に離婚を決意させる

まずは、正しい順番を踏むことが何よりの略奪婚成功への近道です。既婚男性に離婚を決意させることが第一歩であり、最初の決断として最も大事なことです。なぜなら離婚を決意させた後は行動するのみなので、意外にもスムーズに物事が進んでいく可能性が高いでしょう。

さまざまな心理アプローチを用いて、彼に離婚を決意させることができるよう、時間をかけてでもじっくりと粘り強く取り組むことが重要です。

離婚するまで会わないと決める

彼が奥さんと別れて自分と一緒になりたい意志は確認できているものの、彼がなかなか行動にうつせず煮え切らない状態であった場合、少し強引な手段に出てみるのも成功の秘訣です。

「離婚するまでは会わない」ときっぱりと告げ、そして実行することです。電話やメールでの連絡も潔く絶った方が効果的です。

彼が本当に自分と一緒になりたいという意志が固いものであれば、離婚に向けての行動を開始するでしょう。そこで戸惑いを見せたり何も状況が変わらなかった場合は、残念ながらまだ離婚して再婚をする意志は弱いものであると確認することができます。

潔い決断をすることで、二人の信頼関係が浮き彫りになるでしょう。

ブログなどで略奪婚の成功例を参考にする

略奪婚を成功させる方法に「正解」はありませんし、自分や相手の状況や性格にもよるため、一概には言えません。

ただ、実際に略奪婚をした人の成功例を参考にすることは大いに役立つでしょう。そのような人達が、略奪婚を成功させて幸せになるまでの経緯を綴ったブログや、自分の経験を元にして書かれた成功までの秘訣などのブログを探して参考にするのも一つの方法です。

成功体験をした人の話以上に説得力のあるものはないでしょう。

成功までの期間は焦らず急がず慎重に

略奪婚は、まず相手の既婚男性が離婚をしてから不倫相手だった女性と結婚をする流れとなります。これらのステップが、いとも簡単にすぐ行えることではないのは、誰もが知っていることでしょう。

むしろ、略奪婚への道のりの中で大小さまざまな問題が発生し、それらをひとつひとつ乗り越え解決しながら前へ進まなければいけないことの方が多いです。スムーズにいかないことに焦り、感情的になって冷静な思考が奪われるとゴールは遠のくばかりでしょう。

何事も慎重になることと、じっくりと問題に向き合う忍耐力が必要となります。

感情に流されず計画的に行動する

「いつまで待てばいいのか」「本当に奥さんと離婚して自分と一緒になる気はあるのか」など、感情的になって既婚男性に怒りや焦りをぶつけてしまうこともあるでしょう。もしそうなると、彼の気持ちが自分から離れてしまって略奪婚どころか別れを告げられることにもなりかねません。

また、突発的で無計画な行動も禁物です。彼の奥さんに不倫がバレて今の状況が泥沼化してしまうと、さらに略奪婚の夢は遠のきます。しっかりと計画を立て、感情に流されずに行動しましょう。

関わる全ての人達のことを考える

不倫の末の略奪婚は、世間一般からすると「自分たちさえ良ければそれでいい」といったように、誰かを傷つけた上に成り立つ幸せを手にする、非常に自分勝手なものだと捉えられることが多いでしょう。なぜならそれはもれなく事実であることがほとんどだからです。

略奪婚はその言葉通り、不倫相手の家族から彼を奪うことです。少なからず、彼の奥さんや子供を傷つけることになるのは確実でしょう。

自分の幸せのために行動するのは間違いではありませんし誰からも責められる筋合いもありません。しかし、それによって傷つくだろうと容易に想像できる人たちへの思いやりや気遣いの気持ちを持つことは大切です。

そのことが、略奪婚後に円満な家庭を築けるかどうかの秘訣にもなります。

占い師からのアドバイス

略奪婚を成功させる方法を考えたときに、自分が今どの位置にいるのかを確認することも重要です。

そもそも彼が自分に対して本気なのかを確信できていなければ、略奪婚まではかなり遠い道のりとなるでしょう。まだスタートラインにも立てていない状況です。彼にとって「ただの愛人であり遊びの関係」から本気にさせることがまずは第一歩です。

信頼関係も強く良好な関係を築けていて、将来いつかは一緒になろうと約束しているような場合は、略奪婚へ向けての具体的なアプローチが必要だと言えるでしょう。まずは彼にしっかりと「離婚を決意させる」ことが必須であり、今後を決める重大なことです。

あとは焦らず感情的にならず、じっくりと成功までの道のりを楽しみながら一歩一歩着実に進むことで、うまくいくことも多いでしょう。

略奪婚で幸せになった人の特徴

祝福される

略奪婚で、幸せになった人の特徴として真っ先に挙げられるのが、その結婚を周囲から「祝福される」ことでしょう。なぜなら略奪婚では、最初の項目でも紹介した通り、祝福されないことの方が多いです。

自分勝手だと思われて非難されることの多い略奪婚でなぜ祝福されるのか、それはきっと二人の真剣な愛や誠実さが認められたことの証でしょう。大切な人たちから祝福されることは、二人の愛をさらに育みます。

 円満離婚で元家族との関係も良好

略奪婚であっても、彼が円満離婚できた場合は、幸せになれる傾向にあるでしょう。さらに彼の元家族との関係も良好であればなお良いです。

自分たちが幸せになろうとすればするほど、誰かが傷ついて恨まれたり憎まれるようなことになると、この先本当の幸せを掴むことは難しいかもしれません。

自分たちを取り巻く周囲の人たちとの関係も平和であることが、略奪婚の末に幸せになった人の大きな特徴だと言えるでしょう。

占い師からのアドバイス

略奪婚を果たしたかどうかの事実と、それによって自分が幸せになれたかどうかは、全くの別問題です。

「略奪婚をする」だけがゴールではなく、「略奪婚をして幸せになる」までが、本当の望みでしょう。幸せになれなければ、略奪婚をする意味がありません。不幸が降りかかるのを承知で、ただの意地とプライドだけで略奪婚を成功させようとしているなら、自分のためにもやめたほうが無難です。

彼を真剣に愛する気持ちよりも、「彼の奥さんに勝ちたい」「彼を自分のものにしたい」といった気持ちのほうが強ければ、きっと略奪婚をしても幸せにはなれないでしょう。

略奪婚の末に幸せになることを心の底から望んでいるのなら、彼に対してはもちろんのこと、周囲の人たちにも伝わるような真剣さと誠実さを持つことが大事です。

まとめ

「略奪婚をして幸せになれるのか」といった漠然とした思いを抱いているなら、その答えはほとんどの場合、ノーです。略奪婚の末路は後悔したり不幸だと感じてしまうケースが一般的には多いからです。しかし、自分の正しい判断と努力次第では幸せになれることも、もちろんあります。

全ては自分次第だと言えるでしょう。ただ軽い気持ちで略奪婚を考えていると、痛い目を見るかもしれません。本気で真剣に不倫中の彼との結婚を考えているなら、感情だけに流されず、信念を持って地道に行動していくことが大切です。

また、自分のことだけでなく相手の家族のことなど、周囲の人たちのことも全て含めて考えることが、幸せになるためには非常に重要です。

ぜひ、参考にしてください。

\ SNSでシェアしよう! /

当たる電話占いラボの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

当たる電話占いラボの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • カリスで不倫相談をした口コミ

  • 離婚してでも一緒になりたい女性の特徴・既婚男性が離婚を決意したときの行動

  • 既婚者同士のダブル不倫も電話占いで解決できる?

  • B型既婚男性の特徴はこれ!略奪愛を叶える・本気度を知る方法

  • 【W不倫にハマりやすい人】特徴とW不倫の結末・W不倫から抜け出す方法

  • 【不倫をする既婚男性】の心理と行動で見抜く【本気度】