姓名判断で赤ちゃんの名づけをする

MENU

姓名判断で赤ちゃんの名づけをする

前項では「名の画数である地格は、幼年期の運勢を表す」ことをお伝えしました。
才能にも繋がることですから、生まれてきた子供に「良い名前を!」と思う気持ちは当然ですね。

 

最近では「キラキラネーム」「DQN(ドキュンネーム)」など、読みづらかったり、当て字だったり…という名前が増えています。
良い悪いで判断できるものではなく「独特の名前」を付けたい親の気持ちも現れています。

 

少し前には、親の名前から字をもらう・生まれ季節に合った名前・女性には「子」「美」、男には「郎」「男」といった一般的な傾向がありました。
ここで登場した漢字は全て凶数ではなく吉数になるので、それだけでも姓名判断の一歩を踏んでいたと言えそうですね。

 

赤ちゃんの名前は、親が決めるもの。
あるいは、家族で決めるものです。

 

本人が成長してもその名を「素敵だな」と思える名前にしてあげたいですね。
名前に込める思いも、大切にしてあげましょう。