結婚後に名前が変わることで運勢が変わる?

MENU

結婚後に名前が変わることで運勢が変わる?

日本では、一般的に結婚すると、嫁いだ側が名字を変えます。
夫婦同一が基本であり、別姓は認められていません。

 

主に女性が「結婚したら名前が変わる」ので、「名前が変わったら嫌だな」と抵抗を感じる方も少なくありません。
新しい名前の響きへの抵抗や違和感もありますし、現代では「家に嫁ぐ」気持ちが薄れている気持ちもあるでしょう。

 

結婚相手は好きだけれど、その家族や家までは好きになれない、といった気持ちです。
こればかりは個人の気持ちですが、多くの方が感じている傾向にあるようです。

 

姓名判断の影響を受けて「この人と結婚すると運勢が下がるから結婚しない!」という人々もいるようです。

 

ただ、考え方によりますが、姓名の変化だけではなく、結婚すれば当然環境が変わります。
伴侶ができ、やがて子供ができれば、生活スタイルも変わっていきます。

 

働き方が変われば収入も変わり、環境が変われば対人関係も変わるでしょう。
結婚そのものが「変化」であり、名前が変わることの方がおまけみたいなものです。

 

とはいえ、気になって仕方がない!
運勢が上がる名字の人との出会いを待つ!というのも間違いではありません。

 

結婚後に名前が変わることで運勢が変わるのは当然のことですが、なるべく良い縁と繋がりたいですよね。
結婚を考える時には、自分の名前がどのように変わるか…気にするのも良いでしょう。